*

上級者編

~上級者編~

  • 形勢判断を正確に行う

形勢判断の材料として、玉の安全性、駒の有効性、手番などがあります。

玉の安全性とは、玉の固さ、主戦場からの距離間で判断できます。玉の守りの基本は金銀3枚で、しっかり守っていることです。

棒銀が成功して飛車が相手玉を睨んでいても、こちらの玉が守られていない単騎状態だと、有利とはいえません。

駒の有効性とは、駒得や駒の効率です。多く駒得できればその戦力差は駒の向きで確認できるが、駒の効率は駒の利きを確認する必要があります。

わかりやすいいうと、初形では角はどこにも行くことができません。いわゆる利きが悪いです。しかし、7六歩とすることにより角の利きが増えます。

そして手番です。手番を握っているときは、指し手は攻めようが守ろうが自由です。手番を握り続け相手に有効な攻めをさせないのが有段者です。

私はこれらを複合的に考え現状の形勢を考えてます。

 

  • 定跡を覚えよう 

定跡とはこれまでの先人たちが作り上げた血と汗と涙の結晶で、言うならばその局面の絶対手になります。

定跡を覚えることにより、読みを省く事ができ、時間を有効に使うことができます。

対四間飛車には、急戦で棒銀戦法、4五歩戦法、4六銀左戦法があるように膨大な定跡が存在します。

せめて得意戦法の定跡は覚えておきましょう。

スポンサー リンク


公開日:

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑