*

初級者編

~初級者編~

  • 将棋を好きになる。

将棋上達に欠かせないことは、ますは将棋を好きになることです。

好きこそものの上手なれという、ことわざがあるように、どんなことでもいいので、一日一回以上は将棋に触れてみましょう。

なんでも構いません。好きな棋士のブログ閲覧でもいいですし、新聞の将棋欄でもかまいません。

おのずと、棋士の名前を覚えたり、プロ間で今どんな戦形が流行っているのかわかっていくでしょう。

そんなわたしも初級者時代は、棋士といえば羽生さんしか知らず、戦法は一つもわかりませんでした。

将棋界には個性あふれる多くの棋士がおり、NHK将棋対局の解説中に親父ギャグを連発する豊川先生を見たときの衝撃はいまでも忘れません。

 

  • 得意戦法を使い続ける

ある程度将棋に触れていくと、いろいろな戦法を目にしていくことでしょう。

居飛車(飛車を移動しない)だと、矢倉戦法、横歩取り、角換わりなどがあり、初心者には矢倉、角換わりでの棒銀戦法がおすすめです。

飛車と銀のコンビネーションで、飛車先を突破するわかりやすい戦法が初心者から有段者まで愛されている理由でしょう。

振り飛車(飛車を横に移動させる)だと、中飛車、四間飛車、三間飛車、向かい飛車などがあり、初心者には四間飛車がおすすめです。

守りが固く、一歩突くだけで角道、飛車道が通るのが魅力的で、いつでもこちらから開戦できるメリットは大きいです。

得意戦法を使い対局数を重ねていくと、「この手にはこう指す」というような簡単な定跡がわかっていきます。

 

  • 詰め将棋を解く

詰め将棋は脳のストレッチです。

初級者は3手詰めからはじめるといいでしょう。

3手の読みは将棋の基本で終盤をもちろん、中盤でどれだけ優位に進めていけるのかに繋っていきます。

当然、初級者には難しく解けないこともあるでしょう。

それでもいいのです。詰め将棋を解いていろいろな手を読んでいくことが棋力アップの第一歩です。

スポンサー リンク


公開日:

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑