*

格言~香・桂~

将棋の格言~香・桂~

今回は香、桂に関する格言をご紹介します。歩に比べると少ないですね。

  • 香は下段から打て

香は下段から打つことにより、駒の利きが増えるため攻めと受け両面で活躍できます。

  • 桂頭の玉寄せにくし

桂の頭に玉がいるときは案外詰ましにくいものだということ。

  • 桂先の銀定跡なり

相手が桂馬を絡めてせめてきた場合、桂の頭に銀を打つことにより桂の動きを封じ込めることができます。

  • 桂の高跳び歩の餌食

桂馬は一度跳ねると元に戻ることができないので、単騎で攻めていくと歩に取られてしまします。ほかの駒と絡めてから桂を跳ねるようにしましょう。

  • 三桂あって詰まぬことなし

桂馬はほかの駒を飛び越えて攻撃できるため、三枚あると相手玉を詰ますことができるということ。終盤の苦手なわたしには四枚あっても詰ます自信はありません。

しらべてみると意外と香の格言が少ないことに気がつきました。香にスポットがあたる日がくるといいですね。

 

 

スポンサー リンク


公開日:

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑