*

升田幸三実力制第4代名人~2~

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 プロ棋士

昨日引き続き、升田先生のエピソードをご紹介します。

陣屋事件

当時の王将戦では、必ず第7局まで指すことになっており(現在は4勝すればタイトル保持)、3勝差がついていれば駒落ちで対局する規定になっていました。升田4勝、木村1勝で第6局目は規定の駒落ちでの対局でした。しかし、対局前日の検分に訪れた升田先生は、玄関のベルを押しても関係者が迎えにこなかったので、非礼だと怒って別の旅館に行ってしまったのです。これを知った関係者は、升田先生を呼びにいったが頑なに拒み、対局は実施されませんでした。

第6局は升田先生の不戦敗となり事は収まったが、もし仮に第6局が行われ升田が勝つと名人の権威にキズがつくため、ベルがならなかったという口実で対局を拒否したのではないだろうか。と言われています。

雪に

後日、升田は陣屋旅館に対し、「強がりが雪にころんで廻りみる」の色紙を残しています。かわいらしい一面があるんですね。

しかし、ここで終わらないのが升田伝説です。

その数年後、またまた王将戦で当時の王将大山に対し、3連勝して追い込み駒落ちでの対局になりました。香落ちでも勝利し、名人に香と引いて勝ってしまったのです。

ちなみに対戦相手の大山は升田先生の弟弟子のため、ガチンコで対局したのでしょう。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

無我

朝日杯に藤井九段登場

第8回朝日杯将棋オープン戦二次予選に藤井猛九段が登場です。勝つことができれば午後から永瀬六段との対局

記事を読む

tanigawa

棋士の棋風・キャッチフレーズのまとめ〜九段編〜

将棋の指し手は棋士の棋風により、たとえ同じ局面・同じ実力であっても指し方に違いが現れるものです。

記事を読む

hashimoto-t

棋士の棋風・キャッチフレーズのまとめ〜四段から八段編〜

前回に引き続き、棋士の棋風やキャッチフレーズをまとめてみたいと思います。 棋士の棋風・キャッチフレ

記事を読む

チェス

羽生四冠対ガルリ・カスパロフ~日本でチェスが普及しなかった理由~

今日は羽生四冠対ガルリ・カスパロフのチェス対局がニコニコ生放送で放送されていました。日本一位のレーテ

記事を読む

no image

竜王戦が終わった今後の将棋界について

第27期竜王戦7番勝負の第5局が終わり、挑戦者の糸谷七段が森内竜王に勝ち4勝1敗で初のタイトルとなる

記事を読む

金井

第64回NHK杯3回戦第5局 谷川浩司九段対金井恒太五段

第64回NHK杯3回戦第5局は、谷川浩司九段 対 金井恒太五段の対局です。 // 将

記事を読む

no image

第64回NHK杯 橋本崇載 八段のインタビュー

第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント 郷田真隆 NHK杯 対 橋本崇載 八段  郷田NHK杯

記事を読む

羽生

第40期棋王戦挑戦者決定戦二番勝負 第1局 〜七冠への道か〜

第40期棋王戦挑戦者決定戦二番勝負 第1局目がネット中継していました。 // 挑戦者

記事を読む

images

晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九段の年齢は54才。晩年は体調不

記事を読む

9784800219374

天野アマ、中川アマ奨励会三段リーグ編入試験へ

天野アマ、中川アマは知る人ぞ知るアマの強豪です。 // 奨励会三段リーグ編入試験の条

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑