*

投了の美学

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 将棋観

~投了の美学~

将棋とは、麻雀のように勝者が勝ちを宣言したり、スポーツのようにスコアがあるわけではなく、自らが負けを認め宣告しなければならない非情な戦いであります。

負けを認めた時、「負けました」や「参りました」と言い頭を下げ、対局を終わらせることができ、棋譜を汚すことなく投了するのが最後の責務であると考えられています。そして勝者はその降伏を受け入れなければなりません。

投了のタイミングは実に難しく、プロ棋士は数手前から負けを悟っていてもすぐには投げたりしません。たとえ勝ち目がなくても一手差の局面にし、綺麗な手、絶妙手、必至級の手を指されたタイミングで潔く投了します。決して見苦しく継続したりしません。その際、勝者は敗者の心情を察し投げ場を作ってあげる配慮が必要です。お互いの意思疎通が通じた瞬間に美しい棋譜として残り続けます。

共同の芸術作品を美しい形で終えて、後世に残しても恥ずかしくないようにという、日本文化特有の美を追求した行為なんでしょう。

話は変わりますが、サッカーワールドカップでは日本代表が惨敗したにもかかわらず、サポーターの一部がスタジアムのゴミを集めてからその場を離れたことに、インターネット上で話題になり世界中から称賛されていました。海外ではあり得ない行為のようですが、自分のゴミ、周りのゴミを片付けることは日本人として当たり前のマナーであり、決して忘れてはいけない精神です。

将棋もサッカーも綺麗に残すのが日本人特有の美学なんでしょう。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

no image

森内前竜王からみる棋士のピークとは?

糸谷新竜王が誕生したことにより、ネット上では森内前竜王は衰えたのでは・・・と、ささやかれています。た

記事を読む

ima

将棋のプロ棋士になるには??

先日、アマ強豪の今泉健司さんがプロ編入試験を経て、新四段となりましたが、プロとして活動するためにはア

記事を読む

no image

振り飛車のすすめ

~振り飛車のすすめ~ 振り飛車とは将棋の二代分類ある一つで(もう一つは居飛車)、玉を右に囲い飛車を

記事を読む

将棋盤

2014年の将棋界を振り返って

大晦日には電王戦企画の森下九段とツツカナ戦のリベンジマッチを控えていますが、2014年も残すところあ

記事を読む

ダウンロード

アマチュアは何歳まで上達するのか

アマチュアは何歳まで上達するのか!! // 肉体を使う野球やサッカーでは、30代くら

記事を読む

no image

サッカー的将棋論~将棋とサッカーの共通点~

将棋とサッカーの共通点 // 私は大のサッカー好きで、学生時代から今も社会人サッカー

記事を読む

no image

将棋教育について~日本社会を担う若者達へ~

昨今、学校設定科目として将棋が選択科目になっているところがあると聞いたことがあります。日本の伝統文化

記事を読む

no image

居飛車のすすめ

~居飛車のすすめ~ 将棋の二代分類の一つで、玉は左に囲い、飛車はそのままの(先手では2筋、後手

記事を読む

チェス2

将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。 アジアのみならず、全世

記事を読む

IMG_1102

明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「将棋定跡講義」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑