*

豊川孝弘七段のオヤジギャグをあいうえお順に編集してみた

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 プロ棋士

豊川孝弘七段
toyokawa

オヤジギャグを織り交ぜた将棋解説は、もはや永久解説者です。
本日は豊川孝弘七段のオヤジギャグを動画にまとめましたのでごゆっくりとご視聴してください。

動画オヤジギャグ一覧

青野とるいち。
イカンガー。
うっかり八兵衛。
えなり君。
おおわざバク。
確定申告。
キリマンジャロ。
クンタ・キンテ。
芸を見せます。
ゴールデンカレー。
サンタクロース。
渋谷の将棋指し。
すごいすごい、岡本太郎。
せまいさおり。
草加、鳥越、千住。
タマランチ会長。
地下一階。
継ぎ歩にタラちゃん。
天才バカボン。
同志社大学。
南海ホークス。
ニフティー。
コマネチ。
濃厚味
羽生マジックリン。
微差。
歩がない。
別人28号。
ホットケーキ。
まにあわじひとしげ先生。
ミシュラン。
無我(藤井猛の揮毫・・・)
一目キッコーマン。
もうプロポーズしている。
ややコニシキ。
醤油こと。
吉幾三。
ラブな手。
両取りヘップバーン。
トルストイ。
コレヒドール島。
パタリロ。
イナバウワー。

ほかの優秀オヤジギャグ

端角下手したら、恥かきます。
笑点の歩。
おー、王貞治。
畠山成る。
トキンちゃん。
引田天功。
あるかないか小児科肛門科。
味付けのり。
ナイチンゲール。
トレバーバービック。
春風亭小技。
いくらちゃん。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

no image

竜王戦が終わった今後の将棋界について

第27期竜王戦7番勝負の第5局が終わり、挑戦者の糸谷七段が森内竜王に勝ち4勝1敗で初のタイトルとなる

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~1~

以前、羽生名人は対戦してみたい故人の棋士に、升田先生の名前を上げており、将棋に寿命があるとしたら30

記事を読む

no image

森内前竜王からみる棋士のピークとは?

糸谷新竜王が誕生したことにより、ネット上では森内前竜王は衰えたのでは・・・と、ささやかれています。た

記事を読む

羽生

第40期棋王戦挑戦者決定戦二番勝負 第1局 〜七冠への道か〜

第40期棋王戦挑戦者決定戦二番勝負 第1局目がネット中継していました。 // 挑戦者

記事を読む

tanigawa

棋士の棋風・キャッチフレーズのまとめ〜九段編〜

将棋の指し手は棋士の棋風により、たとえ同じ局面・同じ実力であっても指し方に違いが現れるものです。

記事を読む

将棋盤

第64期王将戦七番勝負第1局 渡辺王将先勝

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑戦する第64期王将戦七番勝負第1局は11日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~2~

昨日引き続き、升田先生のエピソードをご紹介します。 陣屋事件 // 当時の王将

記事を読む

hashimoto-t

棋士の棋風・キャッチフレーズのまとめ〜四段から八段編〜

前回に引き続き、棋士の棋風やキャッチフレーズをまとめてみたいと思います。 棋士の棋風・キャッチフレ

記事を読む

no image

第64回NHK杯3回戦第3局深浦康市九段対豊島将之七段

第64回NHK杯3回戦第3局は、深浦康市九段 対 豊島将之七段の対局です。羽生世代の実力者でタイトル

記事を読む

無我

朝日杯に藤井九段登場

第8回朝日杯将棋オープン戦二次予選に藤井猛九段が登場です。勝つことができれば午後から永瀬六段との対局

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑