*

今週のNHK杯は名人対竜王おまけ藤井九段

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 プロ棋士, プロ棋士の対局

2014年11月30日(日)NHK杯の対局は羽生名人と森内竜王のまさにゴールデンカレーな対局です。

両者の対局なら決勝戦でもおかしくないカードなのに、3回戦目で対局をみれるのは楽しみであり、反面どちらかのタイトルホルダーがここで敗退してしまうことは残念なことです。さらにこの熱戦を解説するのは、将棋ファンから誰よりも愛されている藤井猛九段です。
高視聴率間違いなしの注目の一戦です。

それでは両者の対戦成績を確認してみましょう。

130局行われ、羽生名人からみて73勝57負7千日手。
直近の7対局は、羽生名人の7連勝。

羽生善治名人、2014年度の成績39戦30勝9負。好調、あいかわらずの高勝率をキープ。先日通算1300勝を史上最速最年少で達成。

森内俊之竜王、2014年度の成績30戦10勝20負。不調を感じさせる勝率。竜王戦ではカド番に追い込まれる厳しい状態。

直近や過去のデータをみると羽生名人のほうが有利と言えそうです。しかし、ここで森内竜王が羽生名人に勝つことができれば、自信となり復調の起爆剤として竜王戦も期待できそうです。

今週日曜日の午前中は自宅に引きこもり、熱い戦いと藤井九段の自虐ネタに酔いしれたいと思います。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

syogisensu-goda-ito1

第64期王将戦の挑戦者決定

渡辺王将への挑戦をかけて行われたプレーオフ戦は熱戦の末、郷田九段の勝利となりました。 //

記事を読む

no image

竜王戦第1局糸谷七段先勝

すこし遅くなりました10月16,17日に第27期竜王戦 7番勝負の第1局がありました。 //

記事を読む

no image

竜王戦が終わった今後の将棋界について

第27期竜王戦7番勝負の第5局が終わり、挑戦者の糸谷七段が森内竜王に勝ち4勝1敗で初のタイトルとなる

記事を読む

金井

第64回NHK杯3回戦第5局 谷川浩司九段対金井恒太五段

第64回NHK杯3回戦第5局は、谷川浩司九段 対 金井恒太五段の対局です。 // 将

記事を読む

9784575302226

出雲のイナズマ里見香奈女流名人、復帰戦勝利

体調不良で休場していた里見女流名人、8ヶ月ぶりの復帰戦を飾った。 // 第26期女流

記事を読む

将棋盤2

第64回NHK杯3回戦第2局佐々木勇気五段対大石直嗣六段

第64回NHK杯3回戦第2局は、佐々木勇気五段 対 大石直嗣六段の対局です。 //

記事を読む

no image

豊川孝弘七段のオヤジギャグをあいうえお順に編集してみた

豊川孝弘七段 // オヤジギャグを織り交ぜた将棋解説は、もはや永久解説者です。 本

記事を読む

でんおう

羽生名人と豊島七段の究極な遊び!!

ご存知の方もおおいだろう。将棋界が日本を代表する企業トヨタと、ニコ生のドワンゴとコラボ企画を開催。

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~2~

昨日引き続き、升田先生のエピソードをご紹介します。 陣屋事件 // 当時の王将

記事を読む

IMG_0746

藤井九段の進化

藤井九段の進化 // 昨日は第64回NHK杯で藤井猛九段が登場していました。対戦

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑