*

竜王戦が終わった今後の将棋界について

公開日: : 最終更新日:2014/12/07 タイトル戦, プロ棋士, 将棋観

第27期竜王戦7番勝負の第5局が終わり、挑戦者の糸谷七段が森内竜王に勝ち4勝1敗で初のタイトルとなる竜王を獲得しました。今期の竜王戦の挑戦者決定戦では羽生四冠を破っており、もしかしたらと期待していたら、まさか竜王奪取するとは、若手の勢いを感じるタイトル戦でした。

これでタイトル保持者は羽生名人、王位、王座、棋聖。渡辺棋王、王将。糸谷竜王となりました。
10年前であれば羽生世代が将棋界を席巻していましたが、数年前から羽生世代と若手の渡辺という構図が出来上がっていました。今年はとくに若手の台頭が著しく、羽生世代の中で唯一1人で孤軍奮闘する羽生と虎視眈々とタイトルを狙う若手といったところでしょうか。

世代交代には、タイトルの過半数をしめている羽生四冠を若手が破るしかないのですが、いまの若手の中で勝ち越せる棋士は多くいません、全棋士の中でもそうです。あと数年はまだまだタイトル保持者として君臨し続けるでしょう。

その後、タイトル戦に挑戦するであろう有望な若手棋士として、今年の王座戦に登場した豊島将之七段や、去年の王座戦に登場した中村太一六段がいます。彼らが切磋琢磨し力を付けていけば、タイトル保持者の構図はがらりと変わります。

羽生四冠がどこまで、いつまで若手に対抗しタイトルを保持し続けることができるのか、今後の注目の一つです。
いくつになっても、常に第一線で活躍してほしいと願う私でした。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

将棋盤

2014年の将棋界を振り返って

大晦日には電王戦企画の森下九段とツツカナ戦のリベンジマッチを控えていますが、2014年も残すところあ

記事を読む

no image

将棋電王戦ファイナル勝ち越せるか

電王戦ファイナルの出場棋士5名が発表されました。 // 将棋電王戦ファイナルの概要

記事を読む

スクリーンショット 2014-12-30 11.43.04

森下九段対ツツカナ戦を前にモリシタ集めをやってみた!!

明日、大晦日の10:00から将棋電王戦リベンジマッチ 森下九段vsツツカナ の生放送が行われます。

記事を読む

no image

振り飛車のすすめ

~振り飛車のすすめ~ 振り飛車とは将棋の二代分類ある一つで(もう一つは居飛車)、玉を右に囲い飛車を

記事を読む

no image

第64回NHK杯 橋本崇載 八段のインタビュー

第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント 郷田真隆 NHK杯 対 橋本崇載 八段  郷田NHK杯

記事を読む

小池重明

新宿の殺し屋・小池重明

昭和55年から二期連続でアマ名人となり、プロ・アマ戦でプロ棋士を次々と破った真剣師、小池重明。

記事を読む

no image

将棋棋士は軍師タイプ??

軍師に求められることは、冷静に物事を分析し、あらゆる状況でも取り乱さず、最善の一手を決断できる人であ

記事を読む

将棋盤

無料の将棋盤~脳内将棋盤~

~無料の将棋盤~脳内将棋盤~ // どんな高価な将棋盤より、無料の脳内将棋盤が欲しい

記事を読む

no image

投了の美学

~投了の美学~ // 将棋とは、麻雀のように勝者が勝ちを宣言したり、スポーツのように

記事を読む

no image

将棋教育について~日本社会を担う若者達へ~

昨今、学校設定科目として将棋が選択科目になっているところがあると聞いたことがあります。日本の伝統文化

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑