*

第64回NHK杯3回戦第2局佐々木勇気五段対大石直嗣六段

公開日: : プロ棋士, プロ棋士の対局

第64回NHK杯3回戦第2局は、佐々木勇気五段 対 大石直嗣六段の対局です。

日曜日の午前10時30分から対局開始となるわけですが、いつものように開始30分くらい経った11時くらいから、いつものようにウトウトしてきて、寝ることが半ば定跡化されています(笑)。どうやらNHK杯の将棋観戦には、心身のリラックス効果があるみたいです。(先崎八段もNHK杯を観戦していると睡魔に襲われると何かの本で見たことがあります)

寝不足でお悩みのかたは必見です。

それはさておき、録画を見ましたので将棋の内容です。

先手の佐々木五段(C級1組)は三間飛車美濃囲いの構えです。対する後手の大石六段(C級1組 前年度NHK杯ベスト4)は中飛車穴熊の構えです。中盤で角の交換をして、角を打っては消され打っては消されを繰り返し、うまい具合に遊び駒を玉に近づけていきます。この辺はたいへん勉強になります。

100手目を過ぎたあたりで、後手は自陣の四枚穴熊を頼りに大駒をすべて捨て、先手玉に迫ります。先手玉は守り駒を剥がされ銀のみの状態ですが、金、銀、桂では詰まないと判断し、と金攻めや飛車捨てから穴熊の攻略にかかります。
(飛車は渡しても大丈夫という読み。先手玉は銀、角、桂を渡すと頓死してしまう局面)
一気に襲い掛かり後手玉は一手一手、先手玉は詰みなしで後手が投了となる。

中盤での、遊び駒の活用や馬の対処法、穴熊崩しとたいへん勉強になるプロの一局でした。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

チェス

羽生四冠対ガルリ・カスパロフ~日本でチェスが普及しなかった理由~

今日は羽生四冠対ガルリ・カスパロフのチェス対局がニコニコ生放送で放送されていました。日本一位のレーテ

記事を読む

no image

竜王戦第1局糸谷七段先勝

すこし遅くなりました10月16,17日に第27期竜王戦 7番勝負の第1局がありました。 //

記事を読む

小池重明

新宿の殺し屋・小池重明

昭和55年から二期連続でアマ名人となり、プロ・アマ戦でプロ棋士を次々と破った真剣師、小池重明。

記事を読む

IMG_0094

おすすめ将棋上達アプリi羽生将棋〜初心者、初級者向け〜

羽生善治永世名人監修 日本将棋連盟推薦の将棋アプリの紹介です。 // タイトルはi羽

記事を読む

s3-1

今週のNHK杯は名人対竜王おまけ藤井九段

2014年11月30日(日)NHK杯の対局は羽生名人と森内竜王のまさにゴールデンカレーな対局です。

記事を読む

IMG_0746

藤井九段の進化

藤井九段の進化 // 昨日は第64回NHK杯で藤井猛九段が登場していました。対戦

記事を読む

syogisensu-goda-ito1

第64期王将戦の挑戦者決定

渡辺王将への挑戦をかけて行われたプレーオフ戦は熱戦の末、郷田九段の勝利となりました。 //

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~2~

昨日引き続き、升田先生のエピソードをご紹介します。 陣屋事件 // 当時の王将

記事を読む

羽生

第8回朝日杯 トーナメント本戦1月26日

1月26日朝日杯トーナメント本戦がニコニコ生放送で行われていました。すっかり忘れていたため、気づいた

記事を読む

no image

第64回NHK杯 橋本崇載 八段のインタビュー

第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント 郷田真隆 NHK杯 対 橋本崇載 八段  郷田NHK杯

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑