*

第64回NHK杯3回戦第3局深浦康市九段対豊島将之七段

公開日: : プロ棋士, プロ棋士の対局

第64回NHK杯3回戦第3局は、深浦康市九段 対 豊島将之七段の対局です。羽生世代の実力者でタイトル王位を獲得したこともある深浦九段と、関西若手有望株の一人で今年の王座戦にも登場し、毎年高い勝率を誇る豊島七段との世代対局です。対戦成績は4勝4敗の互角、熱戦なること間違いなしです。

それでは、将棋の内容を確認しましょう。

先手の深浦九段初手7六歩に、後手豊島七段3四歩から、3手目5八金と挑発的な手を指し、序盤の定跡を外し駒組みをスタートさせる。
戦型は相居飛車となり、先手は矢倉囲い、後手は片美濃囲いから金、銀を中央に配置し前例のない将棋となる。両者の指し手が飽和となり、後手は金、銀、桂から攻め、最後は飛車を切り先手玉の上部に金を配備し万全体勢へと持ち込む。

若手の勢いを感じる怒涛な攻めを披露し、終局近しと思われたが、先手も竜、馬を引き付け、辛抱強く耐え抜く。先手はギリギリの受けから上部を開拓していき、入玉を視野に入れ始める。後手の攻めが空振りしだし、先手玉はニュルニュルと入玉目指し前進していく。とうとう先手玉は捕まらなくなり、後手が投了となる。

若手の勢いある攻めを強靭な受けから、決定打を与えない読みの入った鋭い指しまわしなど、深浦将棋お得意の粘り勝ちとなる一局でした。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

羽生

第8回朝日杯 トーナメント本戦1月26日

1月26日朝日杯トーナメント本戦がニコニコ生放送で行われていました。すっかり忘れていたため、気づいた

記事を読む

将棋盤

第64期王将戦七番勝負第1局 渡辺王将先勝

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑戦する第64期王将戦七番勝負第1局は11日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~1~

以前、羽生名人は対戦してみたい故人の棋士に、升田先生の名前を上げており、将棋に寿命があるとしたら30

記事を読む

加藤一二三

第64回NHK杯3回戦第4局橋本崇載八段対畠山鎮七段 インタビューやりすぎ??

第64回NHK杯3回戦第4局は、橋本崇載八段 対 畠山鎮七段の対局です。橋本八段といえばインタビュー

記事を読む

no image

竜王戦が終わった今後の将棋界について

第27期竜王戦7番勝負の第5局が終わり、挑戦者の糸谷七段が森内竜王に勝ち4勝1敗で初のタイトルとなる

記事を読む

images

晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九段の年齢は54才。晩年は体調不

記事を読む

でんおう

羽生名人と豊島七段の究極な遊び!!

ご存知の方もおおいだろう。将棋界が日本を代表する企業トヨタと、ニコ生のドワンゴとコラボ企画を開催。

記事を読む

藤井本

藤井九段、升田幸三賞受賞2年前に驚きの発言

2012年に角交換四間飛車で升田幸三賞を受賞している藤井猛九段だが、その二年前の2010年に驚きの発

記事を読む

hashimoto-t

棋士の棋風・キャッチフレーズのまとめ〜四段から八段編〜

前回に引き続き、棋士の棋風やキャッチフレーズをまとめてみたいと思います。 棋士の棋風・キャッチフレ

記事を読む

阪田三吉

将棋格言~阪田三吉、銀が泣いているの本当の意味 ~

将棋には先人達の努力の積み重ねによって培われた定跡や多くの格言があります。先人の成功・失敗体験に基づ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑