*

天野アマ、中川アマ奨励会三段リーグ編入試験へ

公開日: : プロ棋士

天野アマ、中川アマは知る人ぞ知るアマの強豪です。

奨励会三段リーグ編入試験の条件として、アマ棋戦の優勝があります。アマ棋戦とは、アマチュア竜王、アマチュア名人、朝日アマ名人、アマ王将、赤旗名人、支部名人です。

天野アマは赤旗名人で元奨励会員です。私は天野アマのブログをたま〜に拝見していますので、今回の発表は大変驚きました。前日に重大発表があると煽っていたし。

中川アマはアマ王将の純粋なアマチュアです。以前に奨励会入りを勧められたが、まだ力不足と判断し奨励会入りを断念した過去があるようです。しかし今回、大学四年となり就職も決まってないことから将棋のプロを目指そうと考えたそうです。

編入試験の合格条件ですが、奨励会員二段と対局を行い8戦6勝以上となっています。二段レベルに七割五分以上で勝ち越すことができないと三段リーグでは太刀打ちできないということなのでしょう。個人的には厳しい感じもしますが・・・。

私だったら将棋倶楽部24で1級下の相手と対局して七割五分で勝ち越せる自信はありません。

さらにプロ棋士になるには二年間というタイムリミットの中、4回ある三段リーグで上位1位、2位に入らないといけません。こちらも厳しいです。
両者とも夢に向かって頑張って欲しいです。

今年はアマからプロ棋士になった今泉新四段といい、アマチュアが飛躍する年だったように思えます。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

小池重明

新宿の殺し屋・小池重明

昭和55年から二期連続でアマ名人となり、プロ・アマ戦でプロ棋士を次々と破った真剣師、小池重明。

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~2~

昨日引き続き、升田先生のエピソードをご紹介します。 陣屋事件 // 当時の王将

記事を読む

チェス2

ボビー・フィッシャーと羽生の関係

平成の天才といえば競馬騎手の武豊、野球界のイチロー、そして将棋界の羽生善治と聞いたことがあります。

記事を読む

no image

森内前竜王からみる棋士のピークとは?

糸谷新竜王が誕生したことにより、ネット上では森内前竜王は衰えたのでは・・・と、ささやかれています。た

記事を読む

no image

藤井猛九段の魅力とは?

~藤井猛の魅力とは~ 羽生世代の一人として、多くのファンを魅了する藤井猛九段。なぜこれほどまで

記事を読む

no image

第64回NHK杯3回戦第3局深浦康市九段対豊島将之七段

第64回NHK杯3回戦第3局は、深浦康市九段 対 豊島将之七段の対局です。羽生世代の実力者でタイトル

記事を読む

加藤一二三

第64回NHK杯3回戦第4局橋本崇載八段対畠山鎮七段 インタビューやりすぎ??

第64回NHK杯3回戦第4局は、橋本崇載八段 対 畠山鎮七段の対局です。橋本八段といえばインタビュー

記事を読む

tanigawa

棋士の棋風・キャッチフレーズのまとめ〜九段編〜

将棋の指し手は棋士の棋風により、たとえ同じ局面・同じ実力であっても指し方に違いが現れるものです。

記事を読む

9784575302226

出雲のイナズマ里見香奈女流名人、復帰戦勝利

体調不良で休場していた里見女流名人、8ヶ月ぶりの復帰戦を飾った。 // 第26期女流

記事を読む

チェス

羽生四冠対ガルリ・カスパロフ~日本でチェスが普及しなかった理由~

今日は羽生四冠対ガルリ・カスパロフのチェス対局がニコニコ生放送で放送されていました。日本一位のレーテ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑