*

第64回NHK杯3回戦第5局 谷川浩司九段対金井恒太五段

公開日: : プロ棋士, プロ棋士の対局

第64回NHK杯3回戦第5局は、谷川浩司九段 対 金井恒太五段の対局です。

将棋連盟現会長で永世名人の資格保持者であり、思いもよらない手順で相手玉を詰ます光速の寄せがキャッチフレーズの谷川九段と、本格派居飛車党の若手棋士の対局です。(インタビューで出身はオーストリアのウィーン産まれとあり、毎回聞くたびに音楽の街かと思ってしまうのは私だけではないはず)
対戦成績は初手合いです。

それでは対局を振り返りましょう。

戦形は角換わり腰掛け銀となり、谷川九段の好きな駒、角&桂が前進する展開となりました。
中盤、鋭い指し手で先手谷川九段が優位を築きます。時間の使い方も見事でNHK杯戦出場35回は恐れ入ります。しかし終盤入り口で、1四竜が3四竜と入り後手玉を迫っていったが2三銀打ちとされ、1四竜と戻る展開になりました。
解説森下九段は銀を打たせて満足したかとフォローしていたが、どうやらここで形勢が入れ替わったようです。
お互いに入玉模様となるがその数手後に谷川九段の投了となりました。
まだまだ続きそうな局面ですが、谷川九段の品の高さというか美学というか、谷川九段らしい美しい投了図となりました。

 

最後になりますが、解説の森下九段は大晦日でコンピュータソフトのツツカナと対局した棋士です。
本対局の解説で「前の局面を引きずっているのがマズイですね、そうは言っても人間ですので、コンピュータはうらやましいです」と評していたのがもっとも印象的でした。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

no image

森内前竜王からみる棋士のピークとは?

糸谷新竜王が誕生したことにより、ネット上では森内前竜王は衰えたのでは・・・と、ささやかれています。た

記事を読む

no image

竜王戦が終わった今後の将棋界について

第27期竜王戦7番勝負の第5局が終わり、挑戦者の糸谷七段が森内竜王に勝ち4勝1敗で初のタイトルとなる

記事を読む

無我

朝日杯に藤井九段登場

第8回朝日杯将棋オープン戦二次予選に藤井猛九段が登場です。勝つことができれば午後から永瀬六段との対局

記事を読む

小池重明

新宿の殺し屋・小池重明

昭和55年から二期連続でアマ名人となり、プロ・アマ戦でプロ棋士を次々と破った真剣師、小池重明。

記事を読む

藤井本

藤井九段、升田幸三賞受賞2年前に驚きの発言

2012年に角交換四間飛車で升田幸三賞を受賞している藤井猛九段だが、その二年前の2010年に驚きの発

記事を読む

将棋盤2

第64回NHK杯3回戦第2局佐々木勇気五段対大石直嗣六段

第64回NHK杯3回戦第2局は、佐々木勇気五段 対 大石直嗣六段の対局です。 //

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~1~

以前、羽生名人は対戦してみたい故人の棋士に、升田先生の名前を上げており、将棋に寿命があるとしたら30

記事を読む

ima

今泉新四段誕生~あきらめない姿~

プロ編入試験第4局、今泉健司アマが石井健太郎四段に勝ち、通算成績3勝1敗でプロ入りを決めました。41

記事を読む

IMG_0746

藤井九段の進化

藤井九段の進化 // 昨日は第64回NHK杯で藤井猛九段が登場していました。対戦

記事を読む

no image

第64回NHK杯 橋本崇載 八段のインタビュー

第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント 郷田真隆 NHK杯 対 橋本崇載 八段  郷田NHK杯

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑