*

第64期王将戦七番勝負第1局 渡辺王将先勝

公開日: : タイトル戦, プロ棋士, プロ棋士の対局

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑戦する第64期王将戦七番勝負第1局は11日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶室で始まりました。

戦型は角換わり腰掛け銀の定跡形から、渡辺王将が指した新手5五銀からスローペースとなり、次の指し手郷田九段は2時間25分の大長考で封じ手となり一日目を終えました。
解説の中座七段は「封じ手前の渡辺王将の新手はかなり難しいボールを投げた感じで、これを郷田さんが打ち返せるかどうかが焦点です。それにしても、郷田さんの長考には驚きました」と語っています。この長考に関しては、ヤフーのトピックスに告るほどでした。

 

二日目序盤は、郷田九段の攻めが切れなければ勝ち、渡辺王将は受け切れば勝ちというわかりやすい展開になりました。そしてニコニコ生放送の解説もわかりやすくて定評のある木村八段でした。木村八段が、渡辺王将側を持つと次から次へと後手の攻めを受け切ってしまう指し回し。さすが千駄ヶ谷の受け師。たたのビール好きのおじさんではないようだ。

 

4時からサッカーアジアカップ 日本対パレスチナを見ていたので将棋は見ていなかったが、渡辺王将は郷田九段の攻めを受け切るのは困難とみたのか、どうやらここから攻め合いになり、終盤渡辺王将の鋭い寄せが決まり先勝したようだ。

 

それにしても3連休にタイトル戦があることは、私にとっては非常に有り難いことだ。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

no image

豊川孝弘七段のオヤジギャグをあいうえお順に編集してみた

豊川孝弘七段 // オヤジギャグを織り交ぜた将棋解説は、もはや永久解説者です。 本

記事を読む

no image

将棋電王戦ファイナル勝ち越せるか

電王戦ファイナルの出場棋士5名が発表されました。 // 将棋電王戦ファイナルの概要

記事を読む

IMG_0094

おすすめ将棋上達アプリi羽生将棋〜初心者、初級者向け〜

羽生善治永世名人監修 日本将棋連盟推薦の将棋アプリの紹介です。 // タイトルはi羽

記事を読む

s3-1

今週のNHK杯は名人対竜王おまけ藤井九段

2014年11月30日(日)NHK杯の対局は羽生名人と森内竜王のまさにゴールデンカレーな対局です。

記事を読む

IMG_0746

藤井九段の進化

藤井九段の進化 // 昨日は第64回NHK杯で藤井猛九段が登場していました。対戦

記事を読む

小池重明

新宿の殺し屋・小池重明

昭和55年から二期連続でアマ名人となり、プロ・アマ戦でプロ棋士を次々と破った真剣師、小池重明。

記事を読む

金井

第64回NHK杯3回戦第5局 谷川浩司九段対金井恒太五段

第64回NHK杯3回戦第5局は、谷川浩司九段 対 金井恒太五段の対局です。 // 将

記事を読む

no image

受けのスタイル~木村八段~

受けのスタイル~木村八段~ // 将棋で勝つには相手の玉を詰ます以外に、相手の攻めを

記事を読む

スクリーンショット 2014-12-30 11.33.21

電王戦リベンジマッチ 森下九段対ツツカナ戦は差し掛け局に・・・

大晦日の10時から始まった対局も、翌日の5時でも決着がつかないため差し掛け局となりました。

記事を読む

no image

森内前竜王からみる棋士のピークとは?

糸谷新竜王が誕生したことにより、ネット上では森内前竜王は衰えたのでは・・・と、ささやかれています。た

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑