*

新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

公開日: : タイトル戦

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世棋聖対ボンクラーズの対局から始まり、2013年から5対5の団体戦へ、そして2016年度からは新たな棋戦へ。

第1期電王戦の概要

開催時期は2016年3月〜5月。

出場棋士はプロ棋士のエントリー制。

段位別の予選と本戦のトーナメント戦により行われる。

トーナメント優勝者と将棋電王トーナメントⅢの優勝ソフトによる、持ち時間8時間の二日制で先後入れ替えての2番勝負で行う。

すべての対局(50〜60局)をニコニコ生放送の完全生中継を予定。

 

すでにエントリーしている出場棋士

出場棋士は6月18日に発表となるが、すでに新棋戦にエントリーしている棋士は、糸谷哲郎竜王、谷川浩司九段、佐藤康光九段、森内俊之九段、屋敷伸之九段、藤井猛九段、深浦康市九段、三浦弘行九段、青野照市九段、佐藤天彦八段、豊島将之七段、西尾明六段、佐藤慎一五段、阿部光瑠五段。

 

第1期電王戦の見どころ

出場棋士を見てみると、現役タイトルホルダーの糸谷竜王、18世名人の森内九段、永世棋聖の佐藤九段の実力者のほかに、2014年電王戦でYSSに勝利した豊島七段など、コンピュータソフトに精通している棋士が多く見受けられます。期待の棋士糸谷竜王が本戦トーナメントで勝ち上がると、タイトル保持者対コンピュータソフトという夢の構図となり、想像しただけで興奮する対局になりそうです。

すでにエントリーしている棋士にはいないが、皆さんが待ち望んでいる羽生名人との対局も・・・。なんてことがあればいいですね。

 

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

no image

竜王戦挑戦者決定

第27期竜王戦挑戦者決定戦(羽生名人 対 糸谷哲郎六段)が行われ、2勝1敗で糸谷六段が勝利し、 み

記事を読む

羽生

第40期棋王戦挑戦者決定戦二番勝負 第1局 〜七冠への道か〜

第40期棋王戦挑戦者決定戦二番勝負 第1局目がネット中継していました。 // 挑戦者

記事を読む

でんおう

電王戦の内容~ドワンゴ社ぶっ飛びすぎて最高~

11月26日将棋電王戦の記者発表会が行われ、将棋電王戦ファイナルの対戦カード・対戦日程、森下九段対ツ

記事を読む

IMG_0282

電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の対局が函館五稜郭で行われた。私

記事を読む

将棋盤

第64期王将戦七番勝負第1局 渡辺王将先勝

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑戦する第64期王将戦七番勝負第1局は11日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶

記事を読む

no image

将棋電王戦ファイナル勝ち越せるか

電王戦ファイナルの出場棋士5名が発表されました。 // 将棋電王戦ファイナルの概要

記事を読む

no image

竜王戦第1局糸谷七段先勝

すこし遅くなりました10月16,17日に第27期竜王戦 7番勝負の第1局がありました。 //

記事を読む

no image

竜王戦が終わった今後の将棋界について

第27期竜王戦7番勝負の第5局が終わり、挑戦者の糸谷七段が森内竜王に勝ち4勝1敗で初のタイトルとなる

記事を読む

24

第20期24名人戦に参加して称号ゲットする

久しぶりに将棋倶楽部24を開くと大会の告知がされていました。 それは第20期24名人戦です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑