*

今泉新四段誕生~あきらめない姿~

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 プロ棋士, プロ棋士の対局

プロ編入試験第4局、今泉健司アマが石井健太郎四段に勝ち、通算成績3勝1敗でプロ入りを決めました。41歳ながら新鋭棋士相手に勝ち越すなんて、いやー、すばらしい、おめでたい。
まあ私は編入試験中からプロ棋士になれると断言していましたので、いまさら驚くことはありませんでしたが、ヤフーのトップニュースにも載るほど注目されていたとは知りませんでした。

それでは対局を振り返ってみましょう。

先手の今泉アマは初手5六歩の今泉流中飛車(とでも言っておきましょう)、後手の石井四段は向い飛車の戦型となる。その後、駒組みが進み先手の飛車が2八へ移動する。素人目線の私にはただの手損にしか見えなく、後手の主張が通ったかたちとなる。
そこからさらに駒組み開始。先手は穴熊模様、後手は美濃囲い。後手は先手が穴熊囲いになっては困るとみたのか、完成前に攻めにかかる。飛車、角、銀をたくみに扱い捌き、先手の守り桂を跳ねさせる。ひとまず満足か。

 

中盤となり、駒得の先手は後手の攻めを自陣竜から面倒をみながら、徐々に自陣竜を攻めに参加させ、アマとは思えない構想で優勢を築く。
最後は、先手玉は金、桂では詰まず、後手玉は竜と馬と香の上部からの攻めから一手一手ということで後手投了。そして今泉新四段誕生の瞬間。

 

今泉新四段のあきらめない姿に多くの人が感動したことだと思います。私も泣きそうになりました。
これからフリークラスとして棋戦に参加しますが、まずは目の前の目標C級2組目指して頑張ってください。

スポンサー リンク


将棋 ブログランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村

関連記事

でんおう

羽生名人と豊島七段の究極な遊び!!

ご存知の方もおおいだろう。将棋界が日本を代表する企業トヨタと、ニコ生のドワンゴとコラボ企画を開催。

記事を読む

将棋盤

第64期王将戦七番勝負第1局 渡辺王将先勝

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑戦する第64期王将戦七番勝負第1局は11日、静岡県掛川市の掛川城二の丸茶

記事を読む

no image

アマがプロ棋士になるには名前に・・・

朝日アマ名人の今泉さんがプロ編入試験に挑戦しています。 先日、試験官の三枚堂達也四段に敗れ決めきる

記事を読む

yjimage02UPH6ZR

第8回朝日杯 トーナメント本戦1月27日

1月27日朝日杯トーナメント本戦がニコニコ生放送で行われていました。7時からの2回戦目の対局は見逃す

記事を読む

無我

朝日杯に藤井九段登場

第8回朝日杯将棋オープン戦二次予選に藤井猛九段が登場です。勝つことができれば午後から永瀬六段との対局

記事を読む

no image

第64回NHK杯 橋本崇載 八段のインタビュー

第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント 郷田真隆 NHK杯 対 橋本崇載 八段  郷田NHK杯

記事を読む

小池重明

新宿の殺し屋・小池重明

昭和55年から二期連続でアマ名人となり、プロ・アマ戦でプロ棋士を次々と破った真剣師、小池重明。

記事を読む

s3-1

今週のNHK杯は名人対竜王おまけ藤井九段

2014年11月30日(日)NHK杯の対局は羽生名人と森内竜王のまさにゴールデンカレーな対局です。

記事を読む

no image

升田幸三実力制第4代名人~2~

昨日引き続き、升田先生のエピソードをご紹介します。 陣屋事件 // 当時の王将

記事を読む

金井

第64回NHK杯3回戦第5局 谷川浩司九段対金井恒太五段

第64回NHK杯3回戦第5局は、谷川浩司九段 対 金井恒太五段の対局です。 // 将

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサー リンク

images
晩年の升田将棋は超早指し〜第11期十段戦 対加藤戦〜

昭和47年の十段戦挑戦者決定リーグから。 // 升田九

IMG_1102
明治時代の将棋本入手〜将棋定跡講義 講師は関根金次郎八段ほか〜[超レア物??]

本日は、明治時代の将棋本を入手したので紹介します。 タイトルは「

チェス2
将棋?SHOGI?JAPANESE_CHESS?

昨今、ネット将棋で海外のプレイヤーが多くなっているのをご存知だろうか。

でんおう
新棋戦開催決定!!第1期電王戦とは??

これまで数多くの名勝負を繰り広げてきた電王戦。2012年、米長邦雄永世

IMG_0282
電王戦第3局、稲葉七段対やねうら王戦の現地解説に行ってみた。

2015年3月28日、電王戦ファイナル第3局、稲葉陽七段対やねうら王の

→もっと見る

PAGE TOP ↑